[PR]

 著作権を守る大切さを幅広い世代に知ってもらおうと、萩生田光一文部科学相が29日、サンリオの人気キャラクターのハローキティを、「著作権広報大使」に任命した。

 この日、ハローキティが文科省を訪れ、萩生田氏から任命証を受け取った。多くの人に親しまれているキャラクターの力を借りて著作権保護の重要性を分かりやすく伝え、海賊版サイトを利用しないよう呼びかける意向で、子ども向けの教材やユーチューブに広告として流すPR動画に登場してもらうことなどを予定している。萩生田氏は報道陣に「キティちゃんに本物の素晴らしさをしっかり国民の皆さんに伝えていただきたい」と話した。

 6月に成立した改正著作権法では、海賊版サイトの対策強化とともに、国と自治体に対し、国民への普及啓発や教育の充実に取り組むよう求めている。(丸山ひかり)