[PR]

 JR九州と西日本鉄道は29日、両社の観光列車に乗れる1日限りの日帰りツアーを9月10日に実施すると発表した。炭都・福岡県大牟田市の世界遺産を含む近代化産業遺産を巡る旅で、両社がツアーでコラボするのは初めて。コロナ禍で苦しむ沿線の活性化につなげたいとの思いが合致した。

 西鉄の列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ・レール・キッチン・チクゴ)」はふだんから西鉄天神大牟田線を走っているが、JR九州が熊本県内の三角線を主に走る列車「A列車で行こう」を鹿児島線に投入することで実現した。

 JR博多駅発と西鉄福岡(天神)駅発の2コースに分かれてそれぞれの観光列車で大牟田駅に。大牟田市内を観光した後、帰りはもう一方の観光列車に乗り換えて福岡方面に戻る。

 大牟田市内では世界文化遺産の三池炭鉱宮原坑や、かつて炭鉱電車として走り、5月まで現役で貨物輸送に使われていた三井化学専用線などを見学する。大牟田駅では両列車の並走シーンも見られるという。

 それぞれの列車内では、料亭の特製弁当、焼きたてピザと沿線の食材を使ったコース料理が楽しめる。

 募集人員は104人。政府の観光支援策「Go To トラベル」の対象で、支援金を差し引いた料金は税込み1万8900円。問い合わせは、クラブツーリズム(092・263・3200)へ。(女屋泰之)