[PR]

 原爆投下後の「黒い雨」による健康被害をめぐる訴訟で29日、広島地裁は国の援護対象地域外にいた原告たちを「被爆者」と認める判断を示した。長崎でも対象地域外にいた人たちが、認定を求めて「被爆体験者訴訟」を争っている。長崎の原告らも、今回の判断を「画期的」と歓迎、認定の拡大に期待を寄せた。

 「夢を見ているみたい。判事(裁判官)と、お話がしてみたいです」

 「被爆体験者訴訟」の原告団長、岩永千代子さん(84)は判決を受けて開いた記者会見で、弁護士と手を取り合って喜んだ。「今回の広島の人たちは、私たちとまったく同じ。自分のことのようにうれしい」

 被爆体験者訴訟は現在、17年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース