[PR]

 新型コロナウイルスに関する情報発信を強化するため、群馬県はLINEの公式アカウント「群馬県デジタル窓口」を新たに開設した。将来的には新型コロナ対策以外にも、インターネット上での各種登録や申請にも使えるようにするという。

 提供する機能の一つ「パーソナルサポート」では、感染が心配になった際に、いくつかの質問に答えると健康状態や居住地に応じた相談窓口を案内する。県内で感染者が確認された場合には登録者に一斉に通知する。県は「より簡単に陽性患者の発生を確認できる」としている。

 登録のためのLINEでの「友だち」追加は、県ホームページやQRコードから可能。利用には年代や居住地などの入力が必要になる。(森岡航平)