[PR]

 原爆投下後に「黒い雨」を浴びた原告たちが被爆者健康手帳の交付などを求めた訴訟で、29日の広島地裁判決はすべての原告に手帳の交付を命じた。「歴史的瞬間だ」。判決後の報告集会は喜びに包まれた。

 午後1時半ごろ、雷がとどろき、土砂降りの雨のなか、原告団は「『黒い雨』被爆者全員に手帳を!」と横断幕を掲げて広島地裁前を行進した。

 広島市佐伯区の沖昌子さん(79)はその場に行くのをあきらめた。右足が義足で、左ひざに人工関節を埋め込んでいる。両腕に器具をはめて杖をつかないと歩けない。大雨を避け、報告集会が開かれる弁護士会館で吉報を待った。

 「全面勝訴だよ」。飛び込んで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら