[PR]

 30日午前9時36分、東京都心から500キロ以上南にある鳥島の近海を震源とする地震があり、気象庁は同38分、関東甲信や東海、東北の一部の広い範囲を対象に緊急地震速報を発表した。だが、震度1以上の揺れは観測されなかった。

 同庁によると、地震の規模を示すマグニチュードは5・8、震源の深さは約60キロと推定される。この地震による津波の心配はないという。今回の緊急地震速報では、東京・三宅島で最大震度5強程度、新島、伊豆大島、千葉県南部で震度5弱から5強程度などと予測していた。

電車の運行に影響

 緊急地震速報を出したことを受け、広い範囲で電車が運転を見合わせ、再開後も遅延が相次いだ。

 東京都営地下鉄大江戸線では午前11時過ぎまで全線で運転を見合わせた。都の担当者は「緊急地震速報が出たら自動的にブレーキがかかる仕組みになっているが、何らかの理由でブレーキを解除できない状態が続いたため」としている。

 JR東日本によると、緊急地震速報を受けて列車を緊急停止させるための停電が東京―大宮駅間で自動的に発生し、東北・上越・北陸新幹線が約8分間運転を見合わせた。最大で9分の遅れが出たという。

 JR東海によると、東海道新幹線も運転を見合わせて、遅れが出ている。