[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51)に対する嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕された事件で、大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市=が事件の約1カ月前、女性の体内から検出された鎮静薬と同じ成分の薬物を医薬品卸会社から購入していたことが捜査関係者への取材でわかった。京都府警は、この女性に投与された薬物かどうかを慎重に調べている。

 捜査関係者によると、女性は昨年11月30日、京都市内の自宅で、大久保容疑者と山本直樹容疑者(43)=東京都港区=とみられる2人の訪問を受けた後、呼吸停止に陥り、急性薬物中毒で死亡した。司法解剖の結果、胃から鎮静作用がある「バルビツール酸系」の薬物の成分が検出された。

 女性がふだんは使っていない薬物の成分で、国内では一般の市販薬として販売されていない。府警が入手経路を調べたところ、大久保容疑者が事件の約1カ月前、宮城県内の医薬品卸会社で、同じ成分を含む薬物を購入していたという。府警は、薬物を購入した経緯や使い道などについて捜査している。

 バルビツール酸系の薬物は、医療現場で抗てんかん薬や麻酔薬として使われるが、過剰に投与されると呼吸低下を招き、死に至る恐れもあるとされる。欧米では、医師による安楽死に使われることもあるという。