[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は30日、居酒屋やカラオケ店に対して8月3~31日の営業時間の短縮を要請すると発表した。多くのチェーンは4~5月の緊急事態宣言で休業や時短営業が続き、6月から通常営業に戻り始めたばかり。要請への対応に頭を悩ますところもある。

拡大する写真・図版東京都庁=東京都新宿区

 居酒屋チェーンの串カツ田中ホールディングスは、都の要請に従って営業時間を短くする方針だ。ただ、業績の厳しさもあって、臨時休業はしない。「各店舗の感染症対策の状況などに応じて営業を続けられないか考えていく」と広報担当者は話す。

 「和民」を営むワタミや「はなの舞」を展開するチムニーなどは「具体的な対応は未定」としつつ要請に従う方向という。

 外食業界は、新型コロナの影響…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら