[PR]

 昨年10月の台風19号で、地下の九つの収蔵庫すべてが浸水した川崎市市民ミュージアム(同市中原区)で30日、内部の状況が被災後初めて報道陣に公開された。

 まだ浸水の痕跡が生々しいミュージアムの地下に足を踏み入れると、ぷんとカビのにおいが鼻をつく。収蔵庫内部は、天井や床がはがれていたり、天井近くまで浸水の跡が残ったりしていて、水につかった状態が長く続いた様子がうかがえる。壁一面にカビが生えている部屋や、木製の壁がでこぼこに波打つ部屋も。日本画などの借用品を保存しておいた第5収蔵庫の天井には、真っ白いカビがびっしり生えていた。

 市によると、収蔵品約22万9千点は6月にすべて搬出した。ミュージアム前の広場には収蔵品を一時的に保管する冷凍庫や冷蔵庫が置かれ、館内のさまざまな場所で、応急処置などの作業が行われている。

 ただ、修復作業完了の見通しはたっていない。同ミュージアムの今後については有識者による「あり方検討部会」で協議する予定。同部会は今後7回ほど会合を開き、来年8月までには方針案を公表するという。(斎藤博美)