県が最高品質のモモを皇室に贈る「献上桃」の選果式が30日、桑折町のJAふくしま未来桑折総合支店であった。

 同町産が献上桃に選ばれるのは1994年から27年連続。朝に収穫した主力品種の「あかつき」約12万個の中から、糖度や大きさなどを機械で測って600個に絞り込んだ後、JAと県の担当者が形や着色の良さなどを見比べて180個を選び、箱詰めした。

 今年は梅雨の長雨で日照不足のうえ、せん孔細菌病も拡大したため出荷量は減るが、品質は良好という。JAふくしま未来の数又(かずまた)清市組合長は「あかつきの名前は全国に知られている。このような気象条件の中でも平均糖度は14度とすばらしい状況。栽培農家が技術を高めてきたからで、感謝申し上げたい」とあいさつした。(深津弘)

関連ニュース