バンクシー支援の難民救助船がSOS 定員超え立ち往生

有料会員記事

ローマ=河原田慎一
[PR]

 素性不明の路上芸術家バンクシーが資金援助した民間の難民救助船「ルイーズ・ミシェル号」が、定員を超える難民・移民を乗せた状態で地中海のマルタ沖で身動きできなくなり、関係当局に救助を求めた。

 同号は8月中旬にスペインを出発し、マルタ周辺の海域で、北アフリカのリビアなどからゴムボートで渡ってくる難民・移民を救助していた。しかし、救助した難民らが船の定員を大幅に上回る200人を超え、別のNGOの船に移すなどしたものの、29日、「操船ができなくなった」とツイートしていた。

 イタリアメディアによると、連絡を受けたイタリアの沿岸警備隊巡視船を派遣。同号に乗っていた子どもや女性、衰弱した人など49人と、死亡した1人を収容した。死者が出た経緯などは分かっていない。

 北アフリカから地中海を渡っ…

この記事は有料会員記事です。残り170文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら