[PR]

 党員投票を含む党総裁選の実施を求める自民党若手有志は31日午後にも二階俊博幹事長に対し、国会議員から集めた署名を提出し、申し入れを行う予定だ。賛同の呼びかけには、小泉進次郎環境相らが名を連ねている。

 申入書では「国民が自民党に向ける視線が非常に厳しいことを踏まえれば、両院議員総会によってではなく、国民の政治不信を払拭(ふっしょく)できるような開かれた総裁選挙の実施が不可欠」とした。

 午後には下村博文選対委員長が二階氏に面会し、党員投票の実施を求める。稲田朋美幹事長代行も同調するとみられる。