[PR]

 福岡市中央区の商業施設で女性が殺害され、自称15歳の少年が銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された事件で、客として訪れていた女児(6)に馬乗りになった状態の少年に体当たりをして助けたのは、福岡市消防局の非番の男性職員だった。市消防局への取材でわかった。

 福岡県警によると、殺害されたのは福岡市の事務アルバイトの女性(21)。28日午後7時半ごろ、商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」1階の女子トイレで、血を流して倒れているのを警備員が見つけた。同じ頃、付近で包丁を持っていた少年が警備員に取り押さえられた。

 市消防局によると、男性職員はこの日は非番で、マークイズを訪れていた。少年は取り押さえられる前、女児に馬乗りになって押さえつけ、助けようとした母親(39)や周囲を取り囲む警備員に対し包丁を振り回して威嚇していた。近くにいた男性職員は少年の隙を突いて体当たり。倒れ込んだ少年を警備員らが取り押さえたという。

 捜査関係者によると、少年は女…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら