大衆的だった安倍政権 千葉雅也が説く「多数派の救済」

有料記事安倍首相辞任へ

構成・藤生京子
写真・図版
[PR]

 憲政史上最長となった政権が、幕を引くことになった。7年8カ月にわたり、永遠かとさえ思わせた「安倍時代」。日本社会の底流にあったものとは何だったのか。哲学者の千葉雅也さん(41)に聞いた。

 安倍政権の政策や姿勢の評価は、安保法制、アベノミクス、森友問題など、それぞれ多様でしょう。

 本格的な言論活動を同時期に始めた僕自身にとっての関心は、非常に大衆的な政権であったことです。

大衆に近づくアピールに熱心だった安倍政権。影響は言論や知の世界でも反映され、千葉さんは「知識人やメディアが、多数派に忖度しているように思えてなりません」と指摘します。千葉さんが考える「新たな像」とはーー。

 大衆感情に即した政策を次々…

この記事は有料記事です。残り1828文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載識者が見た7年8カ月 安倍政権論考集

この連載の一覧を見る