[PR]

 山口県下関市にある水族館「海響(かいきょう)館」が、ペンギンの剝製(はくせい)をもつ市民に入手経路などの情報提供を呼びかけている。下関市の「市の鳥」はペンギン。でも、なぜ市民がペンギンの剝製を持っているの? 市民とペンギンには実は、半世紀以上前からの深い関わりがあるのだ。

 ジェンツー、マカロニ、フンボルト……。海響館内にあるペンギン展示施設「ペンギン村」は、5種類約140羽を飼育する国内最大級の施設だ。

 「おじいちゃんが大事にしていたペンギンの剝製を引き取ってほしい」

 海響館魚類展示課の久志本鉄平課長によると、ペンギン展示施設がオープンした2010年ぐらいから、そんな相談が寄せられるようになったという。

下関市のあちこちにあるペンギンの剝製。なぜなのでしょうか。20歳のころに「捕まえた」という男性にも話を聞きました。

 「でも保管スペースがなく、お…

この記事は有料会員記事です。残り1103文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1103文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1103文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!