常磐道など3高速であおり運転、懲役3年8カ月求刑

佐々木凌
[PR]

 昨年7~8月、茨城県常磐道など3県の高速道路であおり運転を繰り返したとして、強要などの罪に問われた住居不定、会社役員宮崎文夫被告(44)の公判が31日、水戸地裁(結城剛行裁判長)であった。検察側は論告で「事故で被害者が命を落とす危険性もあり、悪質だ」などと述べて懲役3年8カ月を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は10月2日に言い渡される。

 宮崎被告は常磐道のほか、浜松市の東名高速、愛知県岡崎市の新東名高速でもあおり運転をしたとして起訴され、常磐道の事件では停車後に被害者の男性を殴ったとする傷害罪にも問われている。

 検察側は「運転を妨害されたと感じ、仕返しとしてあおり運転を行った身勝手な犯行で、被害者が厳罰を求めている。運転免許を再取得する可能性もあり、再犯が懸念される」などと主張した。

 これに対し、弁護側は、被害を弁償したり、申し出たりしていることや、被告は相手に悪意があると疑う傾向がある「パーソナリティー障害」の診断を受けたことなどを挙げ、「刑務所に入れるよりも、通院などで治療を受けさせる方が妥当だ」と指摘した。

 宮崎被告は最終陳述で「被害者に怖い思い、痛い思いをさせてしまい本当に申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。(佐々木凌)