手越祐也さんプロデュースのかき氷 熊本の被災地で振る舞う=渡辺七海撮影
[PR]

 7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県人吉市と球磨村で31日、タレントの手越祐也さんが彩りなどを考えたかき氷約400食が被災者らに振る舞われた。

 手越さんの決めぜりふから取った「復興を願う テイッ! かき氷」。赤、黄、青、緑のシロップがかかる。地元の被災者支援団体と協力して実現した。

 コロナ禍で県外からのボランティアが制限されるなか、手越さんはビデオメッセージを寄せ「かき氷を食べて少しでも笑顔になってもらえたら」と語った。