[PR]

 百貨店「そごう」の店舗で関西で唯一残っていた西神(せいしん)店(神戸市西区)が31日、閉店した。大阪発祥のそごうは、一時は売り上げ日本一の百貨店だったが、バブル崩壊で2000年に経営破綻(はたん)。再建後も業績が振るわず、関西に最大5店あった店舗は次々に閉めてすべて姿を消した。

 午後8時、西神店の正面玄関のシャッターが閉まり、1990年の開店以来、29年間の営業に幕を下ろした。その様子をたくさんの買い物客らが名残惜しそうに見守った。氷室雄二郎店長は「これまで多くのお客様から格別のご高配を賜りましたことに、心よりお礼を申し上げます」とのコメントを出した。

 開業時から利用してきたという近所の70代女性は、「普段の買い物はスーパーだけど、手土産や贈り物はここで買っていたので寂しい」と閉店を惜しんだ。

 同店は一帯のニュータウンの開…

この記事は有料会員記事です。残り229文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。