[PR]

 人材サービス大手のパソナグループは、9月から段階的に東京都千代田区にある本社の主要機能を兵庫県の淡路島に移すと明らかにした。経営企画や広報、人事などを担当する約1200人が対象で、2024年5月までに進める計画だ。災害などに備え、本社機能の東京への一極集中を避ける狙いもある。

 対象となる本社の従業員は約1800人で、3分の2ほどが淡路島に移ることとなる。パソナは08年に淡路島で就農支援の取り組みを始め、観光業などにも取り組んでいる。機能移転の狙いについて、パソナの広報担当者は「淡路島で豊かな働き方をめざすとともに、非常時の事業継続計画の観点からも必要だと考えた」と話した。登記上の本社は引き続き東京に置く。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業ではテレワークや働き方の見直しが進んでいる。パソナでも現在、4割ほどが社外で働いており、機能を移してからも引き続きテレワークを活用するという。