[PR]

 「オプジーボ」など免疫の力を利用したがん治療薬が、どういう患者に効きやすいか事前に調べられる新しい指標を、国立がん研究センターなどの研究チームが発見した。薬が効かない人に早く別の治療を提供できる可能性がある。

 免疫には異物を攻撃する「キラーT細胞」と、攻撃を抑える「制御性T細胞」がある。そのバランスで自分の細胞は攻撃せずに、がん細胞やウイルスだけを攻撃する仕組みがある。

 がん細胞はキラーT細胞にブレーキをかけて、攻撃を免れている。ブレーキを解除する薬が「オプジーボ」などのがん免疫治療薬で、薬の開発につながる発見をした京都大の本庶佑(たすく)・特別教授が2018年にノーベル医学生理学賞を受賞するなど、新しい治療として注目されている。

 だががん免疫治療薬は患者全体の2~3割にしか効かない。重い副作用が出る人もおり、事前に効く人を高精度で予測するための新しい指標が求められている。

 国立がん研究センター研究所の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら