拡大する写真・図版赤くライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影

[PR]

 赤く輝くのは「東京アラート」の告知ではない。東京五輪・パラリンピックでバレーボールや車いすバスケットボールの会場となる「有明アリーナ」(東京都江東区)で行われたライトアップのテストだ。

 赤以外にも青、黄、緑、紫をLEDで照らし、オリンピックシンボル(五輪の輪)をイメージしている。五輪延期がなければ、この8月1日もバレーボールの試合があり、光で大会を盛り上げていたはずだった。

 同アリーナは、経費節減のため一時は建設見送りも検討されたが、昨年12月に完成。しかし新型コロナウイルスの感染拡大で、五輪に向けたテストマッチも中止となった。(嶋田達也)

拡大する写真・図版青くライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影

拡大する写真・図版黄色にライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影

拡大する写真・図版緑色にライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影

拡大する写真・図版紫色にライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影

拡大する写真・図版五輪をイメージした5色にライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影

拡大する写真・図版五輪をイメージした5色にライトアップされた「有明アリーナ」=東京都江東区有明1丁目、嶋田達也撮影