[PR]

 京都市は、市立中学校の同じ部活動に所属する生徒らの間で、新型コロナウイルスの集団感染が発生したと7月31日に発表した。この中学校と練習試合をした2校でも感染者が出たため、市教委は3校の校内を消毒し、8月18日まで、部活動を含む全ての教育活動を中止することにした。

 市教委によると、感染が確認されたのは計8人。うち7人は7月23~25日に計4校が参加した練習試合に出ていた。残り1人は感染した部員のクラスメートだった。試合に参加した生徒1人の感染が27日に分かり、市は4校の生徒46人のPCR検査を進めていた。

 また、鳥取県と鳥取市は1日、7月31日に公表した県内の感染者4人のうち、1人が市立中学校に通う女子生徒だったと明らかにした。学校は1日から夏休みで、市は短期間で接触者を特定するのは困難だとして、感染拡大を防ぐため、全校生徒と教職員ら約450人にPCR検査をすることを明らかにした。(高井里佳子)