[PR]

 日本女子スノーボード界のパイオニアが、3季ぶりに戦いの場に帰ってくる。2014年ソチ五輪のパラレル大回転で銀メダルに輝いた竹内智香(36=広島ガス)。しばらく競技の第一線を離れていたが1日、復帰することを明らかにした。狙うのは、22年北京五輪の金メダルだ。出場すれば、冬季では日本女子史上最多の6大会連続となる。

 5位入賞だった18年平昌五輪後は引退こそしなかったが、大会とは距離を置いてきた。「やり切った。競技人生に満足した気持ちがあった」。加えて、スタートを切った瞬間に体が石のように硬くなって動かなくなる症状にも悩んでいたという。「ゴルフや野球のイップスみたいな感じ。練習では滑れるのに。ああ、選手として終わったな、と。抜け出せるイメージが自分の中でつかなかった」

 以降の2年間は、ヨガの資格を取ったり、ゴルフやスキューバダイビングを楽しんだり、子どもたちへの競技普及に携わったり。「競技とは全く違う、憧れていたもの」に触れ、「もう復帰することはないな」と思ったという。

 心が揺れ始めたのは、昨秋のこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら