[PR]

 岩手県内で連日、新型コロナウイルスの感染が確認されている。7月31日深夜には4人目の陽性が判明し、「感染者ゼロ」だった岩手で3日連続の感染確認となった。東京など都市部を中心に感染拡大が続くなか、県は岩手も例外ではないとの見方を示す。

 県によると、陽性とわかったのは北上市の40代男性会社員。中部地方に単身赴任しており、26日に名古屋から飛行機で花巻空港へ移動し、家族の車で自宅に戻った。27日に37・1度の発熱とせきの症状があり、31日まで自宅にいた。30日に38・5度まで熱があがり、31日に帰国者・接触者外来を受診。PCR検査で陽性とわかった。入院しているが重症ではないという。

 県内では29日に盛岡市と宮古市の男性、30日に矢巾町の男性の感染が確認された。宮古市と矢巾町の男性は仕事や会食を通じて接点があったが、北上の男性と3人の接点はないという。

 県は現在、感染者用に150の病床を確保。野原勝・保健福祉部長は「現時点で入院状況は逼迫(ひっぱく)していない」と述べ、今の医療体制で対応が可能とする。一方、「国内全体がそういう状況(感染拡大)になっている。岩手もその中に入っている」として引き続き警戒していく。(御船紗子)

 岩手で新型コロナの感染確認後…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら