[PR]

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは1日、米マイクロソフト(MS)が中国企業バイトダンス傘下の人気動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を買収する交渉が、一時中断したと報じた。

 トランプ大統領が7月31日夜、ティックトックについて、近く「米国での使用を禁止する」と述べると共に、米企業による買収に反対する意向を表明。MSとバイトダンスの両社は、トランプ政権の意図を見極めるため、交渉を一時中断したという。

 同紙は、中断前までは両社の交渉は進展しており、3日までに大筋合意に達する可能性があったとしている。

 ティックトックの米広報は1日、MSとの買収交渉について「うわさや臆測にはコメントしない」としつつ、「このパンデミックの間、1億人の米国人がティックトックを利用している」とアプリの重要性を強調。MSは1日、朝日新聞の取材に対し、回答しなかった。(サンフランシスコ=尾形聡彦)