[PR]

(2日、静岡独自大会決勝 聖隷6-5浜松開誠館)

 7回制で実施された静岡独自大会は雨天順延が続いて予備日がなくなり、準決勝、決勝が同じ日に行われることになった。浜松商や掛川西を率いて甲子園出場経験のある聖隷の上村監督は、「投手起用が難しかった」と振り返る。

 それを救ったのが、打線の集中打。準決勝は六回に静岡商の好左腕・高田を攻略して一挙5点。続く決勝でも1点を追う二回に、1死から四球を足がかりに3安打などで4点を挙げ、主導権を握った。

 決勝で2安打3打点の9番打者・中島は大会序盤、不振だった。「雨で中止になったときに時間ができたので、練習で上村先生に打撃指導をしてもらった。その成果が出た」と誇らしげだった。(山下弘展)