[PR]

 青森県内のナラ枯れ被害が深刻化している。県によると、最新の2019年シーズン(19年7月~20年6月)の被害木は前シーズンの6倍近い1万4千本を超え、過去最多となった。被害の拡大を防ごうと、新たな取り組みが始まっている。

被害急増1万4000本

 県林政課によると、県内でナラ枯れが初めて確認されたのは10年秋。深浦町の秋田県境に近い大間越地区で2本見つかった。ナラ枯れ被害の北限が秋田県から青森県に移った。

 11年からしばらくは見つからなかったが、再び同町内で確認されたのは16年シーズン(16年7月~17年6月)で85本。以降、17年シーズン(17年7月~18年6月)に2031本と急増、18年シーズン(18年7月~19年6月)もさらに増えて2409本だった。

 だが、最新の19年シーズン(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース