拡大する写真・図版国家発展問題の会議に臨むプーチン大統領。会議を受け、「24年までに世界の5大経済大国入り」の国家目標が、「30年までに世界平均以上の経済成長率を確保」へと大幅に下げられた。表情もさえない=2020年7月13日、ロシア大統領府ホームページより

[PR]

 プーチン大統領が20年間君臨してきたロシア政治の変調が止まらない。最大2036年までの大統領在任を可能にする憲法改正案への「全ロシア投票」で77・92%の賛成を得て国民の信任を取り戻したはずなのに、プーチン氏の支持率はかつてない低さのままだ。極東の拠点都市ハバロフスクでは、「全ロシア投票」直後の政権による野党系知事の強引な追い落としをきっかけに、大規模な反政権デモが始まった。新型コロナウイルス感染症の影響で経済も深刻な不振に沈んでいる。

 超長期政権を可能にする憲法改正案で高い支持を得て国民の信任を得たはずのプーチン・ロシア大統領の支持率が上がりません。その理由を、現在は北方領土を望む北海道根室市を拠点にロシアを見続けている朝日新聞元モスクワ支局長が、憲法改正国民投票の「奇妙なからくり」も含めて解説します。

改憲「賛成」77・92%、大統領支持60% 落差の理由は

 7月1日の「全ロシア投票」を受けて民間の世論調査機関「レバダ・センター」が同月24、25両日に行った調査では、「国は正しい方向に向かっているか」との質問に「そう思う」の答えは42%と、6月から1ポイント下がった。「思わない」は同じく1ポイント減の40%と、拮抗(きっこう)している。2014年3月にウクライナからクリミア半島を併合して以後の対外強硬路線が国民の愛国心を燃え立たせ、翌15年7月に「そう思う」が59%、「思わない」が23%を示した当時と比べると、国民の気持ちの冷め様がよくわかる。

 この調査では、プーチン氏を「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら