[PR]

 静岡市内を走る東海道新幹線で2日夜、人がはねられて死亡する事故があった。JR東海は同日午後9時45分ごろから3日午前0時半ごろまで上下線で運転を見合わせ、駅に用意した「休憩列車」で夜を明かす乗客もいた。

 県警によると、現場は静岡駅の東約2キロの静岡市葵区柚木付近で、線路に立ち入った人が新大阪発東京行きの「のぞみ460号」にはねられたとみられる。現場付近は在来線と並走する地上部分。県警はJR東海の通報を受けて現場検証し、身元の確認を進めている。

 事故の影響で、上りは名古屋―東京、下りは東京―京都で最大約2時間半の遅れが出た。到着後に移動の手段がない乗客のため、JR東海は東京と名古屋、新大阪の各駅に休憩列車を計4本用意した。

 ツイッターでは3日午前2時過ぎから、「新幹線に泊まります」「新幹線ホテル」などとつぶやく人が相次いだ。乗客はシートに横になったり、グリーン車のリクライニングシートで休んだりして、始発まで車内で過ごした人もいたという。