【動画】住宅街の一角に残る検見川送信所=福留庸友、長島一浩撮影
[PR]

 住宅街の一角に、装飾のないコンクリート製の建物がどっしりとたたずんでいる。1979年に廃局した千葉市花見川区の「検見川(けみがわ)送信所」。ドローンで上空から見ると周辺には雑草が生い茂り、そこだけ時間が止まっているかのようだ。

 東京中央郵便局も手がけた建築家・吉田鉄郎氏による設計で、26年に開局した。30年にはロンドン海軍軍縮条約の調印を記念し、当時の浜口雄幸首相の平和演説を発信した。日本初の国際放送とされる。戦時中はアジア各地との通信を担った。

 戦後は日本電信電話公社(NTTの前身)が使用。廃局後、用地を取得した千葉市が中学校の建設を計画したが、少子化などの影響で白紙に戻された。歴史的建造物ながら「廃虚スポット」としても知られるようになった。

 保存か解体か――。今後のあり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら