拡大する写真・図版ロシア・プレミアリーグに移籍する日本代表の橋本拳人(中央)。海外では活躍する選手が多くない守備的MFで、成功することができるか

[PR]

 サッカー日本代表で、国内組では数少ない主力級だったMF橋本拳人が、FC東京からロシア・プレミアリーグのロストフに移籍する。26歳での遅い海外初挑戦と自覚するが、自分の特長は海外でこそ生きると、ひそかな自信を持っている。その勝算を聞いた。

 夢だった海外リーグでのプレーのため、7月28日に日本を発った橋本。その約1週間前、慌ただしく準備をこなす合間を縫って、駐車した車内から朝日新聞のオンライン取材に応じてくれた。「日本人相手よりもそのよさは出せていた」と橋本が語るプレーがある。海外選手を相手にした時に、大股を開き、足を伸ばしてボールを奪いにいく守り方だ。

拡大する写真・図版7月28日に日本を出発する約1週間前、橋本拳人は慌ただしく準備をこなす合間を縫って、駐車した車内から朝日新聞のオンライン取材に応じてくれた

 「日本では球を取られない、安全なプレーを選択する選手が多い」。たとえば、守る側が相手との距離を詰めていくと、パスで逃げられる、といった具合だ。一方、海外選手はドリブルで突っ込んできたり、体を寄せていても無理やりターンしたりする。「仕掛けてくる選手が多い。球を取れる場面は、日本でやるよりも多いんじゃないかなと思う」

 実体験からくる感覚だという。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら