[PR]

 覚醒剤取締法違反などの罪に問われたシンガー・ソングライター槇原敬之(本名・範之)被告(51)に対し、東京地裁は3日、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。坂田正史裁判官は「違法薬物に対する抵抗感の乏しさを背景にした悪質な犯行で刑事責任は軽くない」と批判した。

 判決などによると、槇原被告は2018年3~4月、仕事などで使っていた東京都港区のマンションの一室で、危険ドラッグ「ラッシュ」約64・2ミリリットルと覚醒剤約0・083グラムを所持。今年2月13日にも渋谷区の自宅でラッシュ約3・5ミリリットルを所持した。

 槇原被告は7月21日の初公判で起訴内容を認め、「自分の音楽活動に関わる方々やファンの皆様に対し、本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。検察側は「1999年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた後も、薬物の使用を繰り返していた」と述べ、常習性や依存性があると指摘。弁護側は「覚醒剤などは捨てるつもりで持っていただけで、すでに縁を切っている」として執行猶予付きの判決を求めていた。(根津弥)