[PR]

 南米ブラジルは、新型コロナウイルスの感染者が270万人を超えた。最初に感染者が確認され、3月下旬から外出自粛が続いてきた最大都市サンパウロでは、高止まりながらも新規感染者数が横ばいになり、7月からはレストランも営業再開が認められた。だが、客席間の距離や営業時間の規制もあり、にぎわいが戻ったとは言えない。

拡大する写真・図版パモーニャを持つイリスさん(左)と次女のマリアナさん=2020年6月24日、サンパウロ、岡田玄撮影

 レストランばかりではない。経済の停滞に伴い、廃業する店や事業者が相次ぐ。街には、シャッターを閉めたまま、「貸します」と看板を掲げた店も目立つ。

 失業した人もいる。サンパウロ市東部のモオカ地区に住むイリス・ロペス・アウベスさん(50)もそんな1人だ。30年近く働いたグラフィックデザイン事務所を、5月に解雇された。食べていくには何か仕事をしないといけない。でも、コロナ禍で雇ってくれる仕事はない。どうしよう。

拡大する写真・図版引き裂いたトウモロコシの皮をつないでひも状にし、「昔はこうやって縛っていた」と次女のマリアナさん(右)に説明するイリスさん。現在は輪ゴムで縛っている=2020年6月24日、サンパウロ、岡田玄撮影

 「ママ、パモーニャを売ってみたら?」

 娘たちが言った。

固いゼリーのような

 パモーニャは、トウモロコシから作るブラジルの伝統的なおやつだ。モチッとした食感はケーキのようでもあり、固いゼリーのようでもある。手軽に食べられるため屋台の定番で、ブラジルで好きな人は多い。

 イリスさんは以前から時々、パモーニャを作っては、近所にお裾分けしていた。おいしいと評判で、「次はいつ作るの?」と尋ねられるほどだった。だから、自信はあった。

 5月半ば、近所の人たちにパモ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら