[PR]

 韓国大法院(最高裁)が日本製鉄(旧新日鉄住金)に賠償を命じた元徴用工訴訟をめぐり、同社資産を差し押さえる韓国内の司法手続きが4日、完了する。韓国の裁判所は今後、資産評価や売却に向けた手続きを行う。日韓の外交交渉が滞るなか、年内に原告への賠償に充てる「現金化」に至る可能性がある。

4日午前0時に効力

 2018年の大法院判決を受け…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら