[PR]

 河川敷に、心地よい風が吹き抜ける。東京都江東区の旧中川。長い梅雨が明けた1日、瀬立(せりゅう)モニカさん(22)は車いすを降り、長さ5・2メートルのカヌーに乗って川面に滑り出した。

 練習後、川沿いの艇庫に戻ると、一人の男性の写真の前で笑顔を見せた。

 「これからもずっと、見守っていてね」

 旧中川にかかる橋の下。それが、写真の男性の住まいだった。スキンヘッドにヒゲが特徴。ブルーシートを張り、よく酒を飲んでいた。いつ、どうしてここに住むようになったのかは、誰も知らなかった。飲み仲間だったという近くのホームレスの男性(69)も「いくら酔っ払っても、詳しい経緯は語らなかった」。

いつしかカヌー村の「村長」と呼ばれるようになった男性は何者なのか。記事の後半では、彼の経歴と、子どもたちとの交流の結末が明らかになります。

 この河川敷に、10年ほど前か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら