[PR]

 新型コロナウイルスの影響で引退を余儀なくされた中高生たちの試合などに、プロの実況や解説をつけたら選手たちの思い出になるのでは――。そんなアイデアを、一般社団法人「スポーツを止めるな」がラグビー元日本代表のFB五郎丸歩(ヤマハ発動機)らの協力を得て、形にした。今後は様々な競技に広げていくという。

 7月27日、昨年6月に行われた宮城・石巻工高と県内のライバル佐沼高とのラグビーの試合に、五郎丸や、解説者としても活躍する元日本代表の野沢武史さんらが実況や解説をつけた映像の上映会が行われた。「低いタックルの技術が高い」と野沢さんが言えば、五郎丸は「空いているスペースが見えていて、いいなと思う」と司令塔役の選手を評価した。

 もともとは石巻工が試合分析のために撮影した映像だった。そこに、トップ選手の解説がつくことでチームの戦術や勝敗を分けたポイントがぐっと分かりやすくなった。石巻工高の石田瑠(りゅう)主将は「解説で自分たちの長所や課題が分かった。9月からの全国大会の県予選までに自分たちのスタイルを理解して、花園に出られるようにしたい」と笑顔で話す。

 この試みは「青春の宝プロジェ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら