[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)のうち第3局が4日午前9時から神戸市北区で指されていたが、同日午後6時すぎ、木村王位が46手目を封じて1日目が終わった。王位戦は2日制で、持ち時間は各8時間。5日午前9時に再開し、夜までに終局する見通し。

拡大する写真・図版王位戦七番勝負第3局1日目を終え、木村一基王位が封じ手を入れた封筒に署名をする挑戦者の藤井聡太棋聖=2020年8月4日午後、神戸市北区、日本将棋連盟提供

 開幕から2連勝の藤井棋聖が一気に3連勝として二つ目のタイトル奪取に王手をかけるか、昨年、史上最年長で初タイトルを獲得して「中年の星」と話題になった木村王位が初防衛への足がかりになる1勝目を挙げるか。重要な第3局は4日午前9時に藤井棋聖の先手番で始まり、戦型は矢倉になった。

 今期王位戦は第1局が角換わり腰掛け銀、第2局は相懸かりで、3局とも違う戦型となった。藤井棋聖が工夫した指し方を披露したこともあり、両者、じっくりと時間を使い、慎重に指し進める展開となった。

 封じ手は、第1局では木村王位が、第2局では藤井棋聖が行っていた。(佐藤圭司)

15:00

午後のおやつは見た目も涼しげ

 午後のおやつは、木村王位が「冷やしぜんざいとパインジュース」、挑戦者の藤井棋聖が「フルーツ盛り合わせとアイスレモンティー」。いずれも、見た目も涼しげで、対局者を癒やしてくれそうだ。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版王位戦第3局1日目午後の木村王位のおやつは「冷やしぜんざいとパインジュース」=2020年8月4日午後、神戸市北区、日本将棋連盟

拡大する写真・図版王位戦第3局1日目午後の藤井棋聖のおやつは「フルーツ盛り合わせとアイスレモンティー」=2020年8月4日午後、神戸市北区、日本将棋連盟提供

12:30

うな重vs神戸牛すき

 王位戦第3局1日目の昼食は、木村王位が「うな重膳(ご飯少なめ)」、挑戦者の藤井棋聖が「神戸牛すき御膳」。夏真っ盛りの対局で、両者、スタミナをつけたい、ということだろうか。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版王位戦第3局1日目の木村王位の昼食は「うな重膳(ご飯少なめ)」=2020年8月4日、神戸市北区、日本将棋連盟提供

拡大する写真・図版王位戦第3局1日目、挑戦者の藤井棋聖の昼食は「神戸牛すき御膳」=2020年8月4日、神戸市北区、日本将棋連盟提供

10:00

午前のおやつはコーヒーとわらび餅

 1日目午前のおやつは、木村王位が「ブラックブレンドコーヒー」、挑戦者の藤井棋聖は「本生(ほんなま)わらび餅(抹茶)とアイスコーヒー」。(佐藤圭司)

拡大する写真・図版木村王位の午前のおやつは「ブラックブレンドコーヒー」=2020年8月4日午前、神戸市北区、日本将棋連盟提供

拡大する写真・図版挑戦者の藤井棋聖の、午前のおやつは「本生わらび餅(抹茶)とアイスコーヒー」=2020年8月4日午前、神戸市北区、日本将棋連盟提供

09:30

戦型は矢倉模様

 注目の王位戦第3局が始まった。戦型は矢倉模様に進んでいる。

 藤井棋聖にとって矢倉は、初タイトルを獲得した第91期棋聖戦五番勝負でも4局中3局で経験済みの戦型だ。

 一方、木村王位にとって矢倉は、主力戦法と言ってもいいだろう。「木村の矢倉」という著作シリーズもあるくらいだ。

拡大する写真・図版将棋の第61期王位戦第3局が始まった。手前は木村一基王位。挑戦者の藤井聡太棋聖は、将棋盤の向こう側で深く頭を下げた=2020年8月4日午前、神戸市北区、日本将棋連盟提供

 本局の立会人は、淡路仁茂(ひとしげ)九段(70)。昨日あった第68期王座戦(日本経済新聞社主催)の挑戦者決定戦で渡辺明二冠(36)=棋王、王将=に勝って、挑戦権を獲得した久保利明九段(44)は、淡路九段のまな弟子の一人だ。(佐藤圭司)

09:00

第3局の1日目がスタート

 将棋の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基(かずき)王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第3局が4日午前9時、神戸市北区で始まった。開幕から2連勝の藤井棋聖が二つ目のタイトル奪取にあと1勝と迫るか、木村王位がシリーズ1勝目を挙げて初防衛への足がかりを築くか。重要な第3局だ。

 第3局は藤井棋聖が先手番。4日夕方に封じ手が行われ、5日午前9時に再開し、同日夜までに決着する見込みとなっている。

 王位戦は将棋界に八つあるタイトル戦の一つ。持ち時間各8時間の2日制。第1局の開始時に振り駒が行われ、今シリーズは基本的に奇数局は挑戦者の藤井棋聖の先手番、偶数局は木村王位と定まった。第7局までもつれ込んだ場合は、第7局開始時に改めて、振り駒が行われる。(佐藤圭司)