[PR]

 思春期の子の幸福度は、イヌを飼わないより飼う家庭の方が高くなる――。そんな研究結果を、麻布大学や東京都医学総合研究所などが思春期の子がいる都内の家庭環境を大規模に調査、分析して明らかにした。

 ペットを飼うことで幸せを感じる人は多いが、その仕組みは分からないことが多い。従来の研究から、ヒトはイヌと見つめ合うことで社会行動の積極性を高めるホルモン「オキシトシン」が分泌されることがわかっているという。

 研究では、子の発達を支援するために東京大など3機関が2012年度から行っている調査結果を活用した。この調査は、東京都世田谷区、調布市、三鷹市の10歳の子のいる家庭を無作為に選び、質問票やインタビューを通して家庭環境を調べたもの。この中からデータのそろった約2600家庭について、10歳の時点でイヌやネコを飼っているかと、10歳と12歳の時の「幸福度データ」を点数化した。幸福度は、楽しい気分だったか、よく眠れたかなどWHO(世界保健機関)が推奨する指標を使い、過去2週間に幸せを感じたかを6段階で評価した。

 その上で、家庭を①イヌもネコも飼わない②イヌを飼う③ネコを飼うの3グループに分類。イヌとネコ両方飼う家庭は統計的に正しいデータがとれるほど多くなかったので除外した。ヒトの幸福度は10歳ごろから徐々に下がるとされるが、3グループの中でイヌを飼う家庭が12歳時の幸福度の下がり方が最も低かったという。

 子の性別、きょうだいの有無、親の年齢や収入などの影響を除くよう補正して計算しても、結果は変わらなかったという。

 研究チームの茂木一孝・麻布大教授(伴侶動物学)によると、イヌは最も古くから家畜化された動物のひとつだという。茂木さんは「外敵から身を守る、狩猟に役立つといった役目がなくなってもヒトはイヌを飼ってきた。イヌと共生するメリットは、ヒト同士のコミュニケーションを円滑にすることとみられ、今回の研究結果はその作用の一つの現れではないか」と話している。

 論文は保健や公衆衛生に関する欧州のオンライン誌に掲載された。(https://www.mdpi.com/1660-4601/17/3/884別ウインドウで開きます)で読める。(三上元)