[PR]

 広島地検は4日、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された千葉ロッテの投手だった米国籍のジェイ・ジャクソン元選手(32)=本名ランディ・ジャクソン・ジュニア=を不起訴処分にした。「送致事実を認定するに足りる十分な証拠がないため」としている。

 広島県警は、ジャクソン元選手が千葉市内の自宅で液体状の大麻が入った容器数本を所持していた疑いがあるとして、7月10日に逮捕。同地検は同30日に処分保留で釈放していた。

 ジャクソン元選手は大リーグ・ブルワーズから昨年12月にロッテに入団。2016~18年には、セ・リーグで3連覇した広島カープの中継ぎ投手として活躍した。ロッテによると、ジャクソン元選手から契約解除の申し出があり、7月9日に受理したという。