[PR]

 立憲民主党など野党4党による憲法の規定に基づく臨時国会の召集要求をめぐり、自民党の森山裕・国会対策委員長は4日、立憲の安住淳国対委員長と国会内で会談し、早期の召集には応じない方針を伝えた。野党側は反発を強める構えだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、森山氏は安住氏に対し、首相が出席しない形でコロナに関連する委員会の閉会中審査を開催することも打診した。

 9月に内閣改造や自民党役員人事が想定されていることから、政府・与党は10月以降に臨時国会を召集する方向で調整している。