拡大する写真・図版ドリブルで攻め込む松山駿選手=FE名古屋提供

[PR]

スポーツのミカタ

 バスケットボール・B2のファイティングイーグルス名古屋(FE名古屋)に加入した松山駿(しゅん)選手(23)は富山大出身。関東地区の強豪大学出身が多いBリーグの中で、それ以外の「地方」からプロになった一人だ。「どこからでもできる」と挑んでいる。

 昨春卒業した富山大のバスケットボール部は北信越トップクラスのチーム。だが、松山選手は「関東の選手から、専用体育館があって朝練からガンガン走ると聞くと、焦りも感じたし、もっとやらないと、と意識が高まった」と話す。

 福井・北陸高の出身。数々の名選手が輩出し、全国制覇を目指すチームで、司令塔や外からのシュートを狙うガードのレギュラーだった。関東地区の大学からも誘いを受けたが、教員志望で富山大へ進んだ。

 「練習量は高校よりぜんぜん少なかった」。体育館が使える1日約3時間を週5日。1年から中心選手で全国大会などに出場するうちに「もっと高いレベルを目指したい」という気持ちが強まった。3年へ進級するころに「教員は引退した後にもなれるかもしれない。まずは自分がやりたいことに挑戦してみよう」とBリーグを目指した。

 プロ予備軍が集まる強豪と、地…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら