【動画】お笑い芸人「ティモンディ」に聞く=辻健治撮影撮影
[PR]

 人気お笑いコンビ「ティモンディ」の前田裕太さんと高岸宏行さんは、愛媛・済美高の野球部で同期でした。お二人に当時の思い出や球児へのエールを聞きました。

――2人は県外から済美(愛媛)に進学した

 前田 他に誘っていただいた高校もありましたが、甲子園に行けるのは済美かなと。

 高岸 滋賀県から愛媛にある親の実家へ帰省すると、いつも甲子園を見てました。当時の済美には鵜久森淳志さん(元日本ハムなど)や福井優也さん(現楽天)がいて。地域全体で盛り上がっているのを見て、済美で野球がしたいという気持ちが強く芽生えました。

――寮生活で練習に打ち込み、2年からベンチ入り

 前田 厳しさもありましたけど、野球部全体が家族みたいでした。力に自信がある人が全国から集まって生意気な部分がある状況でも、社会に出ても恥ずかしくないような教育はしてもらいました。

 高岸 みんなで同じご飯を食べ、目標に向かって同じ練習を毎日やって。

 前田 上甲正典監督(故人)からは「ユニホームは戦闘服。グラウンドにいる以上は戦っている姿勢でいろ」と言われていました。

 高岸 練習では本数をこなさなければ、日本一にはなれないという教えでした。数がすごかった。数をこなすと、体が強くなる。「心技体」じゃなく「体心技」。まずは体。体をつくるから、心が宿り、技がついてくるんだと。

 前田 「百カ条」というのもあり、それを全部したら絶対に甲子園で勝てるぞって。高岸は何個ぐらい覚えてる?

 高岸 20ぐらいです。

 前田 他に印象的なのは?

 高岸 「念ずれば花開く」。何度も言われてました。済美の校歌の歌詞にある「やればできる」にもつながるんですけど、まずは夢や目標を持って強い気持ちで臨むという、それぐらい覚悟がないとついて来られないというメッセージだったのだと思います。

――3年夏は愛媛大会決勝でサヨナラ負け。甲子園にあと一歩届かなかった

 高岸 「純度100」の悔しい。決勝は登板なかったけど、心では投げていました。みんなで試合に出ているという気持ちでした。

 前田 同級生で背番号をもらえなかった人たちが最後の夏の大会に向けて手伝ってくれました。僕も高岸もけがをした時期は手伝う側に回りいました。いまだに野球部を家族だなって思っているのは、自分がつらいときに人のことをしてあげられる、してもらったというのがあるからです。その人たちに恥じないようにしないと、お笑いの世界で活躍しなければと考えています。

 高岸 大学でも野球を続けましたが、ひじをけがして投げられないとわかったときは真っ白になる感覚でした。大学ではずっと補欠で、今までにない経験をして、試合に出る側と裏方を体験して改めて応援の力はすごいなと。だから今度は僕たちが応援するという番だという気持ちです。

――高校球児へのエール

 前田 春も夏も甲子園が中止になって酷な状況ではありますけど、努力をしてきたことは確実にいつか何かの形になる。その熱量で頑張れる人なら何をしても大丈夫。そこは胸張ってほしい。

 高岸 みんなで目標に向かっていった時間こそが今後の人生のパワーになります。今回の経験を糧にできることにベストを尽くしていってほしい。やればできる!(聞き手・辻健治)

     ◇

 ティモンディ 愛媛・済美高の野球部で同期だった前田裕太(1992年神奈川県出身)と高岸宏行(同年愛媛県出身)が2015年に結成。コンビ名は高岸による造語。高岸が投げる140キロ台の速球などが注目を集め、各種バラエティー番組に出演中。ユーチューブ「ティモンディベースボールTV」のチャンネル登録者数は約12万人(7月1日現在)に上る。