人気ヒーロー漫画「8マン」や「月光仮面」、「まぼろし探偵」などを手がけたことで知られる漫画家の桑田二郎さんが、7月2日に亡くなった。秋田書店が8月4日に発表した。85歳だった。

 1935年、大阪府出身。赤本漫画でデビューし、1950~60年代の少年漫画誌に掲載されたヒーロー漫画で人気を博し、代表作の「8マン」は「エイトマン」としてテレビアニメ化もされた。

 65年に短銃と実弾を不法所持していた銃刀法違反の疑いで逮捕された。その後は、般若心経など仏教経典の漫画化も手がけていた。最近は、月刊誌チャンピオンREDで連載中の「8マンVSサイボーグ009」で原作者の1人となっていた。(加藤勇介)