[PR]

 長崎市の爆心地公園に白いギザギザの線が無数に描かれている。被爆者の声紋を表現したもので、スマートフォンをかざすと声が聞ける。75年前、原爆が引き起こした惨状を想像してほしいと、長崎原爆被災者協議会が取り組んでいる。

 「風が家の中にふっと吹いてきて。その風が生ぬるい風っていうかね……」。白い線の上の番号がついた模様にスマホをかざすと、画面に「あの瞬間」と描かれた3D画像が現れ、被爆者の女性の声が流れる。

 企画は長崎市の被爆75周年記念事業の一環。ブラジルなど海外に住む人を含む被爆者12人の声を聞くことができる。

 音声は、原爆に関するドキュメ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら