[PR]

 立憲民主党と国民民主党の合流をめぐり、両党代表の認識のずれが改めて浮き彫りになった。国民の玉木雄一郎代表が4日の記者会見で党首会談による決着を呼びかけた一方、立憲の枝野幸男代表はこれを否定。トップ間の隔たりが合流協議の前進を阻んでいる。

 この日、両代表はほぼ同時刻に別々に記者会見を行った。玉木氏は「膠着(こうちゃく)した状態をいつまでも引っ張るのは、国民のコロナ対策の期待に応える意味でも良くない」と主張。「代表間で話し合うしか打開の道はない」と求めた。

 一方、枝野氏は「幹事長でまとまらないものを、それ以外のところで話してまとまるとは思っていない」と述べた。立憲幹部は玉木氏の発言について「なんのために幹事長同士での協議をやっているんだ」と不快感を示した。

 両党の合流をめぐっては、枝野…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら