[PR]

 ドライフラワーやプリザーブドフラワーを瓶詰めし、インテリアとして人気の「ハーバリウム」。それに和紙人形を組み合わせた「着物ドールリウム」の作品展が山口県下関市貴船町1丁目の植木紙店ギャラリーで開かれている。市内のフラワーデザイナー宗藤(むねとう)しのぶさん(40)が制作した約70点が並ぶ。

 着物ドールリウムは横浜市のフラワーデザイナー星野久美さんが考案し、全国で認定デザイナーがご当地の和紙を使いながら活動している。宗藤さんもその一人。北九州市で昨年あったハンドメイドマーケットで作品を目にし、斬新さに魅せられた。

 山口県ならではの着物ドールリウムを広めたい――。その一心で、徳地和紙(山口市)や山代(やましろ)和紙(周南市)、柳井縞(じま)(柳井市)といった伝統の和紙や織物を使う。受け継がれている産地を訪ね、「後継者不足のなか、伝統文化を守り続ける職人に胸を打たれた」。今年2月末、フランスで開かれた日本文化を紹介するイベントにも出展し、好評だったという。

 宗藤さんにとって、今回は地元…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら