[PR]

 郡山市の飲食店での爆発事故を受け、郡山市は4日、固定資産税や国民健康保険税などの減免や、災害見舞金の支給など被害者への支援策を発表した。仮住まい用として市営住宅を約15戸用意し、すでに4世帯が申し込んだという。

 同市によると、住宅が全壊扱いとなった世帯には「10万円と居住者1人当たり2万円」、半壊は「5万円と同1万円」を災害見舞金として支給する。支給には消防署が発行する罹災(りさい)証明書などが必要という。

 そのほか、固定資産税や個人市県民税、国民健康保険、介護保険料などを減免。就学前児童の一時預かり保育料を免除する。

 爆発現場が学区の開成小、郡山…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら