[PR]

 県立がんセンター(名取市)と東北労災病院(仙台市青葉区)、仙台赤十字病院(同市太白区)の3病院が連携や統合に向けて協議を始める。がん患者の中には合併症を抱える高齢者が増えていて、高度ながん治療を維持しつつ、総合的な治療もできるようにする。

 村井嘉浩知事が4日に臨時の記者会見を開いて明らかにした。7月31日に3病院と東北大学、県の5者が協議開始で合意したという。

 それぞれの病院が現在の機能を残したまま連携するのか、それとも3病院を統合するかは未定だ。ただ、県は年内に具体的な方針を固めた上で、2025年度までの地域医療構想に反映させたい考えだ。

 昨年12月、県立がんセンター…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら