[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年秋の新居浜太鼓祭りは中止されることになった。3日夜に、市内8地区の太鼓台運営関係者らが開いた総会で決めた。市によると、記録が残る1947年以降で太鼓台の運行を中止するのは初めてという。

 この日の総会では、8地区の責任者全員が太鼓台の運行中止を報告。市内の太鼓台全54台は組み立ても含めて完全に中止する。太鼓台運行については市が6月以降、集団感染のリスクを排除できないとして各地区の運営関係者らに運行自粛を要請していた。

 新居浜市太鼓祭り推進委員会の永易英寿会長は「集団感染が発生すれば、社会的影響は計り知れない。市民の安全と命を第一に考えた苦渋の決断」と話した。(寺尾康行)