[PR]

 寺の境内に並べた約120本の「竹あかり」に、ろうそくの火がともる。お堂は赤や白に照らされ、近所の子どもや大人が幻想的な雰囲気を楽しんでいた。

 高松市の塩江地区で7月下旬にあったイベント。演出を手がけたのは、地元の有志でつくる団体「しっちく」だ。塩江の「塩」と「竹」を合わせた名前で、竹あかりを作ったり並べたりする催しを2017年から開いてきた。

 竹あかりのイベントはこれまでもあったが、竹を斜めに切っただけの簡素なものを使っていた。中心メンバーで建設会社を営む藤嶋則仁さん(37)が「もっと面白いことができないか」と思い立ち、仕事の傍らに製作を始めた。

 竹を扱ったことはなかったが、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース